オール電化と都市ガスはどっちが賢い選択?

光熱費の問題ということで言うと、オール電化にするか都市ガスにするのかという問題があります。オール電化ということは全てのエネルギーに関して電気で賄うということですので、ガス代は一切かかりません。それに対して、都市ガスと電気を併用しながらライフラインを賄っていくという人もいます。正直言ってどちらが賢い選択になるのかというのは、家庭の事情と双方のメリットデメリットを考慮しないと分からないです。

光熱費を払う時は電力会社にもガス会社にも同様の手続きを行いますが、双方の会社とも基本料金がありますので、それと実際の使用量を合わせた形で請求が来ます。しかし、オール電化にすると電力会社にのみ料金を支払えばいいので、二重に基本料金を払う必要がありません。電力だけを使用するのでその分だけ電気代はかかりますが、ガス代が浮いた分だけお得になることがあります。オール電化にすると深夜の電気代がお得になることが多いのもいいところです。

キッチンでIHを使用するだけでも、料理はきちんと作ることができますし、高熱を発することが無いため、汚れが出たとしてもすぐにメンテナンスをすることができるので、キッチン周りで火事が起こるリスクがものすごく低いです。IHだとそれほど高熱を発しないので、子供がいる家庭であっても安心して調理を行うことができます。

日本に住んでいる以上、地震などの災害によってライフラインが止まるリスクが避けられません。その時にはガスが止まったり、停電が起きたりしますが、一番復旧するのが早いのが電気で、ずっと停電になっている割合は低いです。それに対して、ガスや水道は電気に比べると復旧するのに時間がかかるという側面があります。

オール電化にする時には、すべてのライフラインを電気で賄う形になりますので、そういう設備を入れるための初期費用が掛かります。それだけでなく、全てを電気で賄っている時に地震などで停電するとトイレなどすべての生活が制限が加わります。電気が無いと何もできないことになるので、トイレだけでなく、調理やお風呂、冷暖房などすべての生活に影響を及ぼすことにもなりかねません。停電するリスクはそれなりにありますので、生活に制限が加わる時にどうなのかという心配事はあります。

トータルで考えてみた時に、電力と都市ガスを併用したほうが生活水準を保つためにいいという選択もできます。自分たちのライフスタイルに合わせて、エネルギーをどうするのかということを考えてみてください。